広島よりTOEIC愛を込めて
11 | 2014/12 | 01
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014年の総括
キャプテンです。

今年も色々お世話になりました。
しかしながら振り返ってみると物凄い1年でした。

【2月】
英語部勉強会にて華麗に?TOEIC界にデビュー。お恥ずかしい限りですが、
あの時点でRabbitさん、Ojim監督、VOZEさん、みかん星人さん、あ~るさんの
どなたも存じ上げておらず。今考えると無知とは恐ろしい。。。
勢いに乗って当ブログを始める。

【4月】
師匠の流水さんが公開テストで満点を取得。しかしながら自分自身は思うような
結果を出せず。自分の情けなさが身に染みる。

【5月】
3月、4月の低迷を受けてか知らずですが、5月のTOEICで当時のスコアを大きく
更新する870点を取得。新体制になって初めて英語部MVPを獲得する。

【6月】
なんだか滅茶苦茶に忙しい月だったにも関わらずあっさりと900点の壁を突破。
スコア910点。実質的に初めての900点への挑戦であっさりと壁を突破する。
2ヶ月連続の英語部MVPを獲得。

【8月】
広島白熱LIVEへの参加。カリスマ誕生を目の当たりにする。
そして、「社会人英語部の衝撃」の発売。
自分にとっては本当に衝撃以外の何者でもない。(当時)数人で細々と続けてい
た英語部の活動が本になった。そして、予想もしなかったキャプテンセンセーション
が起こる。具体的に言うと、全く予想もしなかった方から直接反応を頂けること
となった。そして伝説の英語部勉強会。司会を務めさせて頂く。

【9月】
本業での最大のピンチ。想定外の出来事の連続。正直人間不信に陥りかける。
しかしながら、そこで腹を括り出来る事から一つ一つ潰し、ようやくこの12月に
なり一息ついたところ。もう一度やれと言われたら無理だと思う。でも開き直って
考え行動したことで自分自身の成長につながったと思う。
そんな状況の中、何故かTwitterを始まる。新たな交流が始まる。

【10月】
風邪から始まり咳、そこから派生した蓄膿症に苦しめられる。1ヶ月以上体調不良
に陥る。普段薬を飲まない自分が薬漬けになる。

【11月】
何とか完治。そして体調十分で挑んだ11月のTOECテストで925点の自己記録を
更新。

【12月】
Ojim監督、みかん星人さん、モコちゃんという尊敬すべきTOEICerとリアルで交流。
物凄い刺激を受ける。そして990点挑戦宣言。

こうして見ると、いやー色々ありました。
英語部って何?そこのキャプテンて何?という感じだったと思いますが、こうして自分
から情報を発信することにより色々な人と交流できるのは本当に素晴らしいことだと
思います。

実は自分の中では2014年中にAクラス(860点)突破。2015年中に900点突破できれ
ば良いなぁというのが本音のところでした。しかしながら予想を遥かに超える勢いで
突破できたのは全て師匠の流水さんのお陰です。

あえて、ブレイクのポイントを上げるとすれば、
「自分の頑張りで流水メソッドの素晴らしさを証明したい」
「一番弟子の僕が結果を出せないでどうする?」
この気持ちを持ち続けられたからだと思います。

TOEICは厳しいテストです。体調不良や忙しさにかまけて勉強が出来ないと、あっと
いう間にスコアダウンします。

だからこそ、このテストに挑み続け、結果を出すのは止められないと思います。

新年になりましたら2月の英語部勉強会の告知もあるかと思います。僕は既に飛行機
の予約も済ませました。

師匠の流水さんと駆け抜けてきた日々が本になり、自分でも考えられないくらい環境が
変わりました。でもいついかなる時でも流水さんへの感謝の気持ちは変わらないですし、
それは4人だけでTOEICの打ち上げをしていた日々と何ら変わりません。

2月の英語部勉強会、僕は新たな伝説を作ります。(予定ですw)

来年もキャプテン田中をよろしくお願いします。
スポンサーサイト
【Run記録】12/31 今年最後のRun
キャプテンです。

昨日で仕事収めでしたのでホッとしたのかワイン飲んでぐっすり寝ました。
とはいえ明日の元日も仕事なんですけどね。

12月は何だかんだであり3日しか走れていなかったので、最後くらいと走って
来ました。

朝の澄み切った空気は気持ち良い。勿論寒いけど(笑)

後ほど今年の総括の記事を書く予定。ではでは~
--------
ランニング, 時間 37:13, 6.11 km
12月 31日 (水), 07:40 ~ 08:17
ランタイム: 37:13
距離: 6.11 km
平均: 時速 9.85 km
最高スピード: 時速 12.46 km
登り: 151 メートル
カロリー: 487
キャプテンは東京っ子です。
キャプテンです。

今日は休みですが、年末年始も仕事です。
「大変ですね?」と言われることが多いですが、慣れれば何てことありません。

帰省しないので広島の家に残っているわけです。うちのマンションは転勤族だらけ
のマンションなのですが、既に帰省したと思われる家庭がちらほらと。

東京に住んでいた時もお盆、正月も仕事なので特に実家に帰ったりしていなかった
ので特にどうということは無いのです。

タイトルですが、「広島」の印象が強いのか、Twitterで交流している方々に東京
出身となかなか思われていないと思ったので書いてみようと思いました。

僕は東京都立川市出身で、大学、就職と実家から通いました。
転職で通いきれなくなり品川区で一人暮らし。結婚して大田区(田園調布の隣町!)、
川崎市と住んで、広島に転勤するまでは八王子市に暮らしていました。八王子は
長く住んだのと子供との思い出がたくさんあるので、帰るなら八王子に住みたいな
とは思っています。

また、転職や部署異動等で滅茶苦茶色々な通勤路を使っています。なので、都内
の大抵のところは大体分かります。ちなみに通勤または通学で使った路線(北から)
・東武東上線
・西武新宿線
・JR中央線
・京王線
・小田急線
・東急田園都市線
・東急東横線
・京浜急行
・JR武蔵野線
・JR南武線
・JR横浜線
・京王井の頭線
・JR山手線(京浜東北線)
・横浜市営地下鉄
・東京メトロ千代田線
・東京メトロ丸の内線

並べてみるとスゲーな。。。

広島は好きですが、意識はいつも「広島在住の東京人」です。こういう事をいう
と「都会ぶりやがって」とか言われてしまうかもしれませんが、東京でも本当の
都会は極少し。殆どは住宅街な訳で、たまたま出身が東京だということです。

今日はこれから外出して勉強します。1月のテストまで2週間ですからね。
そろそろギアを上げていきます。

ではでは。
キャプテンからのクリスマスプレゼント
キャプテンです。

今日の記事は身も蓋もない記事になってしまうかもしれませんが、いつか
書こうと思っていた内容です。

旧英語部時代、600点、700点、800点と壁を最初に乗り越えるのは大抵
僕でした。その後、僕の活躍(←自分で言うな!)に刺激を受けた各メンバー
に追い抜かれ、尻に火が着くとまた頑張り壁を超えるということの繰り返し
でした。

その当時、打ち上げ等で「何をやりました?」等聞かれた際に、模試やら
書き写しやら、「鬼のように」をやった等話していました。でもね、

ゴメン。あれウソじゃないけどホントのことは隠してたわ(爆)

と自分のセコさを語っても(笑)仕方無いので贖罪の意味を込めて、こうして記事
を書いているわけです。

もしあの当時、今のスコアがあったとして、700点の壁を突破したい、800点の壁
を突破したい自分にアドバイスするとしたら次の1点だけ。

----

------

----------

引っ張るな。おい(笑)

「結局、単語だよ。」

ね。身も蓋もないでしょ(笑)

でもね。実感としては800点まではとにかく単語をやる、真剣にやる、毎日必ず
やるのが良いと思うのですよ。

これだけは誇れる事ですが、旧メンバーの中で僕ほどキクタンシリーズをやって
いた者はいませんでした。ちなみにキクタン600、800、990は旧英語部の推奨
図書であり、皆持っています。

方法は色々あると思いますし、達人の皆さんがいくらでも本等で書いているので
参考になるか分かりませんが、一応僕のやった方法を書きます。

1.ノルマを決める。僕の場合は1日でDay5、即ち5日分。1日で16語なので1日80語。
  Day70まであるので2週間で1周する計算。
2.朝の電車(始発駅だったので100%座れた)、チャンツを聞く→覚えるを3日分。
  終わったら晴れて寝て良い(笑) 朝早かったので。
3.帰りの電車で残りの2日分。終わったら他の学習をやって良い。ただ、帰りは
  混むのでリスニングになりましたが。
4.600、800、990と全部やる。990は正直言って地獄。でもやるべきだと思う。
5.他はさぼってもこれだけは絶対やる。

キクタンには本当に毎日触れていましたね。やった人ならわかると思いますが、
キクタンの単語は本当に出ます。

んで、スコアが高い人っていうのは意味が分かる、聴き取れる単語のストックが
ある訳です。それは大量の英文を読むうちに自然に覚えられる人もいるかもしれ
ませんが、我々凡人はそのストックを作るために一心不乱にボキャビルに挑まな
ければならないタイミングがあると思うのです。僕が考えるそのタイミングとはずば
り600点以上800点未満です。

800点が超えた後は?
質問が来るかもなので、僕が今単語は何をしているかと言うと「金フレ」です。
「え、それくらい覚えているのでは?」って言われるかもしれませんが、確かに
全ての単語はどこかで出会っています。

でも毎日50語ずつ地道に覚えています。それは覚えているというと違うかな。
メンテナンスしています。どうしても覚えにくい単語、覚えていても1秒で思い出せ
ない単語っていうのがありますので、このメンテ作業記憶の定着を図るのが今の
僕には大切なのです。

20日で1周なのでそれ程負担にならずに分量的にもこれくらいで良いかなあと。

如何でしたでしょうか?余り面白みのない内容かもしれませんが、凄く大切なことを
書いた積もりです。ある程度の単語のストックがないと早急なスコアアップは図れま
せん。

各パートがあるテスト故、どうしても対策に走ってしまいがちになると思いますが、
各パートで絶対に必要なのは単語力。そして実は余り語られることがないと思った
ので、このクリスマスにこの記事を書きました。

ちなみに、900点以上の世界は、単語なんか知っていて当たり前。そこから先が勝負
だよ!・・・なので。ホント厳しい世界だよ。トホホ。

この記事が貴方の700点、800点突破の参考になれば幸いです。

ではでは。
【Run記録】12/23
キャプテンです。

近頃、ブログのコメントが多くて嬉しいです!
いえ、決して強制している訳では(笑)

いつも訪問して下さる皆様、ありがとうございます!

12月はシフトが変則的で、前半に休みが少なく後半が多いので、一昨日、昨日
とお休みで今日仕事に行ったのですが、また明日休み。

明日は子供のクリスマスプレゼントを買いに行ったりするので、今日のうちに
走ろうと思い走ってきました。少し寒さが和らいでいたので走りやすかった
です。

良く聞かれるので書きますが、キャプテンは実家(東京)には帰省しません。
正月も仕事でーす。元日の仕事は6年連続だな。そのうちの4日くらいは31日、
1日と仕事だったな。

それはどういう状況かと言いますと、「良いお年を。ではまた明日(笑)」って感じ。

去年までは妻子は神奈川の実家に帰っていたのですが、去年と今年は遠いので
パス。まあ楽なモンです。

3日休みなので、厳島神社に初詣に行きたいなとは思っています。

ではでは。
-----------------------
ランニング, 時間 31:42, 5.34 km
12月 23日 (火), 18:37 ~ 19:09
ランタイム: 31:42
距離: 5.34 km
平均: 時速 10.12 km
最高スピード: 時速 14.07 km
登り: 155 メートル
カロリー: 421
Part7における精読の意義
キャプテンです。

都やら名古屋やらでは楽しそうなイベントが満載でちょっぴり羨ましいです。
全問正解マシーンRed Bullさんにはいつか会ってみたいな。

無い物ねだりしても仕方ないですし、先日みかん星人さんがみかん星から船で
広島に上陸した際に気付いた気付きについてまとめます。

14日のTOEICの翌日、広島市内のスタバで2人でお茶をしながらレクチャーを
受けたのですが、みかん星人さんが実際に使用している模試のマークシートを
見て衝撃を受けたんですね。書き込みの内容と量に。

「オレ、全然たりんのんよ・・・」と素直に脱帽しました。

そこで電子辞書の使い方とかアビメも実際に見てもらったりと本当に参考になった
のですが、その中でも印象に残って、且つ2人の意見が一致したのは、
「Part7で読む際に問題のポイントとなる記述を意識すること」
という事でした。

文章にすると何てことない一文ですが、実は最近これを意識していてPart7が
劇的に向上したのでした。

これは良いなぁと思いつつ確信は持てなかったのですが、みかん星人さんの書き込み
を見てからの精読で新たな気付きを得たのでした。あ、素材はいつもの公式実践。
今はTEST5を使っています。

具体的には、
・今までの倍以上の時間がかかるようになった。
・知っている単語でもすーっと落ちてこない物に関しては、「必ず」電子辞書で調べる。
 例)statement 多分多くの人は「声明」で覚えていると思いますが、「報告書」という
   意味をしっかりと覚えていなかった。この問題では解答根拠にならなかったが、
   言い換えとか微妙に推測しなければならない問題の解答根拠になった時にやら
   れるかもしれない。※公式実践TEST5  163~164
問題になりそうなポイントを挙げて、実際に問題に出た場合にはどんな問題に
 なるかを想像する
←これが新たな気付き!

例えばこの公式実践TEST5  155~156で僕が問題作るのであれば、
・このセールで推測される事は?
→2行目にannualがあるので、毎年開催されるが答えになる。
・June 14以降に何が起こりますか?
→通常の料金体系に戻る。
・割引を適用する為には何が必要だと推測されますか?
→この手紙を持ってくる。
なーんて感じですかね。

この作業が楽しい(笑) もしかしたら頓珍漢な見立てになるかもしれませんが、そこの
精度はテストを受け続けることによってどんどん高まると思います。

また、このコピーして書き込みした本文を「四角メソッド」で繰り返し読むことによって
ポイントを注意しながら読むという訓練が出来る。

本当にみかん星人さんには感謝しています。また広島来てくれないかなぁ。ってか
今度は絶対こちらが松山行くぞ!
【Run記録】12/19
キャプテンです。

今日は仕事しながら「体動かさないと死んじゃう」って感じでふつふつと
走りたい気持ちが湧き起こりました。ここ2、3日より少しだけ暖かいと
いうのがありましたからね。

色々あって全く走れていなかったのでちょっと不安でしたが、なかなかの
タイム。ただ、日が沈むのが早いので暗いからちゃんとLEDライトを持って
走りました。太田川沿いは暗いので必須です。

やっぱり走ると体が軽いです!
------
ランニング, 時間 31:11, 5.22 km
12月 19日 (金), 18:28 ~ 18:59
ランタイム: 31:11
距離: 5.22 km
平均: 時速 10.03 km
最高スピード: 時速 12.79 km
登り: 108 メートル
カロリー: 403
師走の宣言
キャプテンです。

実は今まで一度も言ってこなかったことがあります。

自分の目標です。それは例えば900点をもう一度取りたいですとかは
言っていました。でも、自分の目標はどこにあるのか?と。

「社会人英語部の衝撃」を持っている方はP17を是非読んでもらいたいです。

そこでは流水さんと僕のやり取りで、「自分でも600点を超えられるかも?」
というものがあります。僕はそこからスタートしました。その当時の僕には
600点は夢の数字でした。2009年の初夏の事です。

実は、昨日まで僕は一度も990点を取ってみたいとは思っていませんでした。
ホント夢にも思っていなかったのです。

何故ならそこは選ばれた者だけが目指して良いはるかな頂。そしてあの流水さ
んでさえ到達するのに苦労し続けていた。その姿を間近で見ていた。だからこそ
僕とは違う世界の話だと考えていたからです。

そして実は流水さんとの長い師弟関係の中でも最終的な目標を話題にすることは
ありませんでした。今までは900点が夢の点数だったので・・・そして今は950点。

でもこうして続けていた中で夢であった900点台。そして2度目の900点台を
獲得。ふつふつと湧き上がってきた情熱があります。

「990点を取ってみたい。挑戦したい。」
自然と湧き上がってきた気持ちです。

でも、僕ごときが目指して良い頂きなのか?
僕に狙う資格はあるのだろうか?
そして、どうせ狙うのであれば宣言してみたい。

迷った時、僕はいつも流水さんにメールを出します。
---------
初めて言います。僕も990点取りたいです。

僕は狙う資格はありますでしょうか?
狙っても良いでしょうか?

----------

流水さんからの返信はシンプルにして感動的なものでした。
-----------
この時が来るのを待っていました。

当然、狙うべきです。
それ以外の選択肢は、ありえないでしょう。
また、今のキャプテンには充分に、その資格があります。

---------
ずっと待っててくれたんだ。。。

そして僕は腹をくくりました。

これからは990点を目標にします。もう迷いはありません。

厳しい道であるのは承知しています。そして満点が取れるという保証は全く
ありません。でも、社会人英語部のキャプテンとしてだけでなく、一人の英語
学習者としてそこを目指してみたいと今は心より思います。

英語部のスーパーサイヤ人の皆さん、首を洗って待ってろよ!
⇒ウソです。調子に乗りました。ゴメンなさい(汗)でもいつかは・・・(笑)

これからもキャプテン田中をよろしくお願いします。
非常識な「Part5&6」の成功法則(下巻)
キャプテンです。

お待たせしました!←待ってない?(泣)

早速それぞれ解説していきますね。

1.Part5&6の特性を知る
これはですね。所属する社会人英語部の一員であるという恵まれた環境から
知った法則なので、本当に感謝しているのです。英語部では、公開テストを
受験した者は各自、流水さんへのレポート提出を行います。それを流水さんにて
まとめて頂き各自に配布されます。

当然、HUMMERさんを中心としたスーパーサイヤ人の皆さんのレポートも読ませ
て頂けるわけですが、ある時からふと気付いたことがあります。

それはPart5と6において、話題になる問題ってあまり多くなくて、大抵は僕自身も
分からなかったり悩んだ問題だということなのです。そしてそうした問題は大抵は
990点と985点を分ける問題だったりします。

普通はそうした問題をどうこうしたいと考えると思いますが、僕はふと思ったわけです。

「じゃー、話題にならない問題はどうなわけ???」
⇒勿論、全員、当たり前のように正解している。


何気ない考えですが、そこでピコーんとひらめいたのです。

スーパーサイヤ人の皆さんは40問中30数問は、絶対に間違わない問題である。
残りが1問か2問かはたまた3、4、5問か分かりませんが、そこを取れるか取れない
かの勝負。

では、別に990点なんて目指していない自分はまずは30問なり絶対に解ける問題
を作れば良いということに。さて、ここで先ほど復習をしっかりせずに捨てたことの
理由が出ました。つまり復習しなかった(出来なかった)問題は、現状の自分には
解かなくても(解けなくても)問題ないという問題なので捨てました。

それよりも絶対に解ける問題に対し、どれだけ早く解答
を導き出せるかに徹底的にこだわりました。それが僕が
言う「解答の引き出し方」です。


勿論、尊敬するOjim監督の皿回し理論を僕なりにアレンジしたことは言うまでも
ありません。

解答を見る⇒何を問われているかを把握する⇒解答を選ぶ⇒文章として成立するかを
確認する

あえて文章にすればこんな感じ。この過程を絶対に解ける問題に対して、どれだけ
短い時間で解答を導けるかのみをひたすら追求しました。

ここでじゃー絶対間違えない問題30問はどうすれば良いの?という解答は地道に
やっていくしかないです。語彙、文法などなど。究極の模試Part5&6等用いるのも
良いと思います。10問→15問→20問と徐々にその範囲を広げていくしかないと思い
ます。

では、特性を知った後の実際の訓練です。

2.タイムマネジメントの為の訓練-1秒を縮めることへのこだわり
TOEICリーディングは75分間で100問を取るテストです。多くの人は間に合わずに
塗り絵をします。今でこそ塗り絵をしなくなりましたが、タイムマネジメントは僕の
課題でした。そしてそのタイムマネジメントは言い換えると、「Part7にどれだけ時間
を割くことができるか?」です。具体的にやったことは以下の通りです。
・ストップウォッチでタイムを計る。(まさかストップウォッチ持っていないTOEICerは
 いませんよね?(笑)
・設問を解く時は必ずマークシートを使いマークシートを塗る訓練をする。
・ギアに拘る(マークシート用鉛筆、マークシート用シャープペンシル、消しゴム等)
・自分の型を持つ。

ちなみに僕の型とは、リスニングは鉛筆(前回からマークシート用シャープペンシル)
Part5に入った瞬間に普通の0.5mのシャープペンシルに持ち替える。
※Amazonでベストセラー1位のスマッシュ Q1005-1 0.5mmを使用
塗り潰す時間が思考の妨げにならないように解答の斜めに線を書く
/ ←こんな感じ。Part5の40問全部解く。鉛筆(マークシート用シャープペンシル)
に持ち替えて一気に塗り潰す。1秒に拘る。40問を1秒ずつ縮めれば40秒。迷った
Part7の問題の1問か2問見直すことが出来る時間。

Part6の12問でも同様に行う。Part7は鉛筆(マークシート用シャープペンシル)
にて塗っていく。(ここは塗る作業が思考スピードを邪魔しないと思うので)

どうでしょう?
受け取る人によって、ここまでやってるの?か、ふ、まだまだ甘いな?かもしれま
せんが、今の僕のベストの型です。では最後使う素材についてです。

3.使う素材を公式実践に限定する
これは参考程度に聞いてください。流水さん自信が満点を取られた際にもこの公式
実践TEST1~10の繰り返し作業を行われていた為、スコアに悩む英語部メンバー
は恐らく全員勧められたのだと思います。ただ、あくまで韓国模試ですので解説
が多くの人には読めないでしょう。

なので、僕のように師匠がいて分からないことがあれば何でも聞けるという恵まれた
環境にいない人には諸刃の剣かもしれません。

ただ、ここの問題は本物です。本番に挑んだ際に、「普段と全く同じ気持ち」で解ける
のが最高です。ここで回答を引き出せる=本番でも引き出せる、です。

解ける問題を時間を書ければ解けるのは当たり前。でもTOEICはタイムマネジメントの
勝負であるのならば本番と同じような問題から短い時間で正しい正解を導くことができ
れば、本番でも同様のことができる。僕はこれを信じて続けていました。そして今も続け
ています。

少なくとも僕はこの訓練をしなければ絶対に本番で点数を取れません。実際にできな
かった月は点数が下がった・・・とにかく解答への筋道のたどり方なのです。そここそ
が僕の拘ったポイントです。

自分の信じた一冊を味わいつくすのが良いと思いますが、僕は公式系の問題集が
ベストであると信じています。
----
如何だってでしょうか?
この文章は発展途上の学習者が悩みもがくなかで生み出した方法です。万人に
効くとは毛頭思いません。また、自分が英語部という恵まれた環境にいるという
事実も否定はしません。

ただ、450点というかなり高い壁を一度あっさりと超え、今回は狙って超えたという
事実は事実として一度まとめておきたいと思いました。

この記事がリーディングに悩めるあなたの参考になれば幸いです。

で、一つお願いなのですが、コメントが少ない(涙)ブログなので参考になったらひと言で
も良いのでコメントお願いします!
非常識な「Part5&6」の成功法則(上巻)
キャプテンです。

このタイトルにピンときたあなたは神田昌典さんファン。
ちなみに流水師匠も僕も神田さんの大ファンであります。神田さんの魅力について
流水師匠とは何度も語りあったものです。

神田さんの「非常識な成功法則」は僕のバイブルの一つ。何度読みかえ
したことか。実は僕は人前で話したりする前に「オレは神田昌典だ」と自分
に言い聞かせているのは内緒(笑)←言ってるがな!

ブログでいつも楽しく交流させて頂いている大阪の主婦さんより
「その460台たたき出したキャプテンさんとして、
リーディングの勉強法とか、やってきたこととか、そういうのを特集したブログを
近日中に(←えらい 要求度高いクレーマーやな)
書いてくれない?(爆) 」

という無茶なクレーム依頼を受けたのと、実は前から考えていたPart5&6対策が
     ↑失礼w
間違いでは無かったというのが今回の点数(R465)で分かりましたので、一度まと
めてみたいと思います。

ただ、これは僕が苦しみの中で生み出した対策であり、万人に聞くとは思えません。
ただ、R400点の壁に挑んでは打ち返される中で、苦しみながらやってきた中で
自分を信じてやってきました。特に、
・Rが断然に苦手
・400点どうしても越せない

という人には参考になるのではないかと思います。

その前に前提条件をば。
・僕はPart5&6が苦手です。
・解き方が分かりませんでした。
・それに対してPart7は比較的得意です。いや、むしろ今の自分の点数から言えば
 異様なくらいにPart7が出来ているというのが本当のところです。
 ※Part7は今ひとつ自分の中でまとめられていないので今回は割愛します。

Part5&6がどれくらい苦手かと言いますと、初見で「千本ノック」シリーズをやったと
しても精々良くて26問中18~9問くらいしか正解できません。また、やってきたことも
中途半端で、「文法特急」「文法特急2」こそ5週くらいずつ回しましたが、「900点特急」
は途中で挫折。

さらに言いますと(流水師匠に怒られそうだな・笑)、今は韓国の公式実践のTEST1~
10のPart5&6を解くのを中心にしていますが、未だに全問正解したことありません!
間違える問題は何度も間違える。←偉そうに言うな!

いや、しっかり間違えた問題を潰して、それをしっかり復習してっていうのは勿論
承知しています。しかしながら時間がない。Facebookで僕と繋がっている人なら
わかると思うのですが、仕事以外でも家庭の用事やら趣味やら子供の相手やら
学校の用事やらでかなり慌しく過ごしています。

特に東京にいた時は両家の祖父、祖母等も参加できましたが、ここでは僕ら夫婦
だけ。出来る限り学校の行事には参加してあげたいですしね。ただ、運動会の翌日
のTOEICは勘弁(苦笑)

また、リスニング対策を怠ったら地獄を見るのは分かっていましたので、リスニング
の方を重視していたのは事実。前にも書きましたが、ここの所、455点か460点しか
取っていませんが、これはたまたま帳尻が合っているだけ。薄氷を踏む思いで何と
かスコアが纏まっているだけです。気を少しでも抜いたら落ちます。

あ、でも今日からは心を入れ替えて間違えた問題の復習します!←言い訳に必死(笑)

その前に、子育てしながらのTOEICは本当に大変です。僕の家は2人とも小学校に
上がり大分楽になったとは言え、どうしても子供の体調や用事に左右されます。だか
ら今回の法則が少しでもそうした人たちの役に食べば良いと思います。

では時間も実力もがない中で僕が考え、実行してきたことのポイントを上げると以下の3つ
です。
1.Part5&6の特性を知る
2.タイムマネジメントの為の訓練-1秒を縮めることへのこだわり
3.使う素材を公式実践に限定する


では、それぞれ解説していきますか。あ、でも疲れたから続きは後ほど(笑)


プロフィール

キャプテン

Author:キャプテン
シフト勤務のサラリーマンです。
東京生まれの東京育ちですが、転勤で広島に勤務しています。海と川と山と素晴らしい景色、食べ物も美味しい広島最高です!
趣味:TOEIC学習、Running、サッカー観戦(広島在住FC東京サポ)
2014年6月の公開テストで念願の900点超えを達成。
TOEICの情報、Run記録、時々広島情報等など。

【TOEICスコア変移】
2010/07 495(L315、R180) 156回
2011/05 570 (L330、R240) 162回
2011/07 645 (L385、R260) 164回
2011/09 630 (L345、R285) 165回
2011/11 685 (L390、R295) 167回
2012/01 690 (L370、R320) 168回
2012/03 705 (L350、R355) 169回
2012/05 680 (L360、R320) 170回
2012/07 665 (L370、R295)172回
2012/09 790 (L410、R380) 173回
2012/11 745 (L390、R355) 175回
2013/01 805 (L425、R380) 177回
---広島転勤に伴うブランク---
2013/07 685 (L365、R320) 182回
2013/09 735 (L355、R355) 183回
2013/11 775 (L400、R375) 185回
2013/12 815 (L425、R390) 186回
2014/01 800 (L415、R385) 187回
2014/03 795 (L445、R350) 188回
2014/04 785 (L400、R385) 189回
2014/05 870 (L455、R415) 190回
2014/06 910 (L455、R455) 191回
2014/07 850(L460、R390) 192回
2014/09 875 (L455、R420) 193回
2014/10 850 (L455、R395) 194回
2014/11 925 (L460、R465) 195回※ベスト
2014/12 915 (L445、R470) 196回
2015/01 850 (L435、R415) 197回
2015/03 900 (L470、R430) 198回
2015/04 870 (L455、R415) 198回
2015/05 申込み済み
2015/06 申込み済み

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

キャプテンカウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。